本文へ移動

麻酔科外来

麻酔科外来

当院の麻酔科外来(水・金の午前中)では主に2つのことを行います。
 一つ目は当院で手術を受ける患者さんに対して手術の前の診察を行います。「全身麻酔を用いた手術中だけでなく、手術後の、退院するまでに問題となるような病気などが隠れていないか」を麻酔科医の立場から診察します。また、「手術が怖い」「麻酔が心配」などの患者さんの不安を解消することで、万全の状態で手術を受けて頂きます。診察は手術を担当する看護師さんと連携して行います。手術の麻酔に対する疑問や不安なことがある場合には、遠慮なく仰って下さい。

 二つ目は慢性的な痛みに悩む患者さんに対して診察と治療を行います。レントゲン・CT・MRI・超音波装置(エコー)などの検査とともに、患者さんの日常生活(姿勢や動作の生活習慣)を一緒に振り返ることで、痛みの原因を探ります。そして、痛みの原因に合わせた治療を行います。当院で行う治療は、お薬の内服だけではなく姿勢や動作の指導(理学療法士さんと連携して行います)、さらには超音波装置(エコー)を用いた神経ブロック注射、ハイドロリリース注射(筋膜リリース注射とも呼ばれています)などです。これらを痛みの原因に応じて、組み合わせて行います。
整形外科や他の先生方とも連携し、しかしながら少し違った視点から痛みの原因を見つけ出し、治療を行います。慢性的な痛みにお悩みの患者さんは、お気軽にご相談下さい。
(痛みについて受診される患者さんは、注射の種類によっては注射の後に1時間程度病院内で安静にしていただきます。特に初診の方は診察や検査、さらには結果の説明などにお時間を頂戴しますので、時間に余裕をもっての受診をお願い致します。また、血液サラサラのお薬を内服している患者さんには、注射ができない場合もございますのでご了承ください。)
担当医:山口医師
診察日:水曜日(午前) 金曜日(午前)

公益社団法人 日本海員掖済会

長崎掖済会病院
長崎県長崎市樺島町5番16号
TEL.095-824-0610
FAX.095-822-9985


診療科目
内科、消化器内科、心臓内科、呼吸器内科、気管食道内科、糖尿病内科、脂質代謝内科、感染症内科、老年内科、内視鏡内科、腎臓内科、外科、内分泌外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、肛門外科、気管食道外科、腫瘍外科、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、皮膚科、泌尿器科、性感染症泌尿器科、放射線科


2
0
9
6
5
0
TOPへ戻る